便利な形に|予算を組んで憧れの温泉地を思いっきり旅行しよう

予算を組んで憧れの温泉地を思いっきり旅行しよう

ウーマン

便利な形に

ウーマン

レンタカーのニーズの変遷

レンタカーは、元々は旅行先の移動手段として、現地で借りたり、引っ越しや大人数での移動が必要となった時のためのトラックやバスなどのニーズが高く、実際に国内のレンタカー用自動車の総数では乗用車よりもバスとトラックの合計の方が多いという時代が長く続きました。その中でレンタカーへのニーズも多様化し、拠点の多い大手レンタカー業者を中心に、借りた場所とは異なる場所で返却のできる乗り捨てサービスや、アウトドアや雪山といった行楽ニーズに対応できる4厘駆動車やスタッドレスタイヤなど、ラインナップやオプションの充実も図られてきました。若者を中心に自家用車を保有しない風潮になり、よりレンタカーのニーズが高まっており、今日ではレンタカー予約もオンラインで可能になり、より柔軟で使い勝手の良いサービスを受けられるようになっています。その結果、レンタカー用自動車の内訳で、バスとトラックの合計よりも乗用車の方が多くなるに至っています。

カーシェアリングとの併用が主流に

広い意味でレンタカーの新しい形と言えるのがカーシェアリングです。最短の利用時間を15分など僅かな時間に設定し、数百円で借りることができ、その中にガソリン代も含んでいるというパターンが一般的です。しかもカーシェアリングは通常、コインパーキングなどに借りれる車が止まっていますので、自宅から徒歩数分で利用できる、更に車が空いていればすぐに予約できますので、利用する3分前に予約ができる、などといった利便性があります。従って、1時間や2時間の車の利用であればカーシェアリングを利用する方が圧倒的に割安で利便性が高いです。一方で丸一日借りる場合には従来のレンタカーサービスの方が割安になるケースが多いです。自家用車を保有しない人の割合は若者を中心に、また、都心部を中心に今後ますます増えていくことが見込まれます。そうすると、日常の買い出しなど僅かな時間の自動車の利用にはカーシェアリングを、そして遠出や宿泊を伴う行楽には従来のレンタカーサービスを、という使い分けが主流になって行くと考えられます。