必要な料金|予算を組んで憧れの温泉地を思いっきり旅行しよう

予算を組んで憧れの温泉地を思いっきり旅行しよう

ウーマン

必要な料金

ミニカーを持つ人

利用するための料金について。

旅行にいき宿泊するときやたくさんの人数と日帰りでお出かけするときなど、自分の車では入らなかったり、車をもっていない人が利用しますよね。まず車の大きさで値段が変わります。大人数で行きたい人はワゴンを借りてもみんなで割ると安くなります。またレンタカーは満タンで渡され最後に満タンにして返します。車両の料金とは別にガソリン代と保険のために1人1000円ほどの保険に入ります。これは任意ですが、出先で事故にあったりすると保証されるので入っているほうがいいです。レンタカーを借りるとき、冬だったらスタッドレスタイヤにしないといけないので、レンタカー料金にスタッドレスタイヤ料金がプラスされます。オプションをいろいろつけると高くなります。

レンタカーの流通について。

昔はレンタカーの流通は、ほとんどありませんでした。何故ならタクシーというものがあったからです。料金を支払って目的地まで乗せてもらうという形でした。しかし近代になってからレンタカーの業者が増え、家族や友人と自由に車を走らせ観光できたりするので人気がでてきました。全然知らない人が運転するよりもみんなでにぎやかにいくと、気楽でとても楽しいですよね。またタクシーみたいに距離や時間で料金が増えるより、一律でレンタカーの料金を払い、ガソリンも自分もちのほうが渋滞とかを考えるとお得になるからです。またエコカーも増えているので環境に優しいという面もあります。利用する人は今では幅広い年齢から人気を得ていますよね。